PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

電機メーカーから内定を得た人の体験談から見習うべき点とは?

エンジニアとして活躍し社会に貢献したいと考えている就職活動中の学生達の中には、電機メーカーを志す人もいるでしょう。

denki-me-ka-

今回はそんな電機メーカーから内定を得た先輩の貴重な体験談を取り上げます。


電機メーカーに内定した先輩の就活体験談! 就活で力を入れるべきポイントは? | 就活hack | 就活ノウハウ | 就活スタイル マイナビ 学生の窓口


ざっくり言うと
先輩の就活体験談ほど就活生に有意義な手がかりを与えてくれるものはないでしょう。先輩たちはどのようなことに悩み、内定を勝ち取ったのでしょうか?電機メーカーから内定を得た先輩の体験談を紹介します。

就活仲間の中でも真剣に取組む人と共に頑張る関係性を作っておくと良い。筆記試験対策でSPIやGABの勉強でテキストを何周もしたが、続けられたのは辛さを共有できる仲間がいたからだと感じているという。

海運や総合商社や国際部門などグローバル企業や部門を目指す人にはTOEICは重要なの受けておくべきです。

メーカーといっても自動車もあれば精密機器もありますし造船もあれば鉄鋼もあります。これらは別の業界だと位置づけ研究することが大切であり、研究することにより仕事や会社への理解を深めることで自分に自信がもてるようになるという。

また、筆記試験対策やOBOG訪問にも力を入れ、特に練習に力を入れたとのこと。テキストで解けても本番のテストセンターで力を発揮できないと意味がないので、志望度の高くない企業を練習企業として本番を体験することに力を入れたという。忙しくても練習企業の予定はキャンセルしないことが大事です。


最後になりますが、先輩は忙しかった時期をどのように過ごしたのでしょうか?気になりますよね、一緒に見てみましょう。

【3月~4月】
 ・週の半分以上は説明会やイベントに参加
 ・同時進行で週に1~2人のペースでOB訪問
【5月】
 ・テストセンター受験
 ・リクルーター面接
【6月の前半2週間】
 ・日曜以外のほとんど毎日が面接

予定を管理する能力やタフさも必須ですね。

今回の就活活動体験談はいかがでしたか?実際に志望度の高くない企業の選考で練習する実践練習は多大な効果を実感できるでしょう。就活生以外の方でも見習うべき点はありますよね。




関連記事

| 仕事術 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT