PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ご長寿106歳のご老人が教えてくれた常識外れの長生き秘訣に驚き!

一歩、家から外に出ればお年寄りと呼ぶには気が引けるような、元気いっぱいで健康そうなお爺さんやお婆さんをよく見かけるようになりました。何か長生きの秘訣とかあれば聞いてみたいと思いますよね。

tyoujyu-hiketu

そこで今回は良く耳にする、ありきたりの長寿の秘訣とかではなく現在106歳の健康なお婆ちゃんがしている、驚きの実践健康法についての話題を取り上げます。


まず始めに、あなたが思いつく長生きにつながる健康法とはどのようなものでしょうか。

・ジョギング?無理せずに続ければ健康に良さそうですよね。

・歩くこと?何も息を切らして走らなくても身体に良いはず。

・睡眠時間をしっかり取って早寝早起きを心掛ける。

・肉類ばかりでなく、魚介類や野菜も食べ食事のバランスを考える。

・くよくよせずに、おおらかな心で良く泣きよく笑う。


そう言えば100歳以上長生きした当管理人の親族は、毎日欠かさずに生卵を飲んでいたと聞きました。念のために言いますが、卵を焼き目玉焼きにして食べていたのではありませんよ、殻を割って生のまま卵を飲んでいたというのです。

醤油など味付けもせずに新鮮な生卵をそのまま飲む。確かに効きそうですよね。


106歳のお婆ちゃんが"不健康すぎる"長生きの秘訣を暴露!「1日3本ドクターペッパー」「飲むなと忠告した医者は皆死んだ」 - TOCANA


テキサス州フォートワース在住、1911年生まれのエリザベス・サリバンさんは現在106歳だという。そんな彼女が実践する驚きの健康法にビックリした。

医者も止めるという、アメリカ人のサリバンさんの健康法とは「ドクターペッパー」だというのだ。飲んだことのある方はわかると思いますが、そうです、あのチョッピリ薬っぽい味の、あの炭酸飲料水です。


「今までに2人の医者が『ドクターペッパーを飲むのを止めろ、死ぬから』って言ったのよ。そしたら、彼らのほうが先に逝っちゃったわ」

エリザベス・サリバンさんが103歳時のインタビュー(4年前)で言ったというから、何というか、お茶目で豪快なお婆ちゃんですね。

・出産と扁桃腺摘出手術以外入院したこと無い
・104歳まで自動車を運転していた


う~ん、あながち「ドクターペッパー」は本当に身体に良いのかもしれませんね。何せ「ドクター」と名の付く飲み物ですからね(笑)

彼女の現在の暮らしぶりなどもリンク先に書かれていますので気になった方はどうぞ。


❚反応



好きな事をして人生楽しんでるから長生きできるんだろうな

ドクペが良いというよりは好きなものを飲み食いする、所謂ストレスフリーな生活がポイントなのかも

人間の体は好きなことしていた方が健康である

ドクターペッパーが主治医だったのか

かっけえ。しかし他にも何か長生きの要因があるんだろうな。テキサスっ娘ぱねえ






関連記事

| ライフ | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT