PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

生産性を一日中保つ仕事が捗る五つの方法とは?

さあ、睡眠を十分取って気分も良く頭も冴えている。それに今日は天気も良い。
昨日までの仕事の遅れを取り戻すべく張り切って仕事を始めたは良いけれど、電話が鳴る・・・・。
そんな日常茶飯事の色々な出来事にペースを乱され、計画通りに物事が進まないことはよくありますよね。

office-image

そこで今回は、生産性を保つ五つの方法についての話題を取り上げます。


アパレル通販サイトの共同創業者であるジェームズ・レインハート氏によると生産性を保つ実用的な五つの方法があるという。

一つ目の方法は、7分間ワークアウトをマスターすること。
わずか7分間、12種類の運動をすることで主な体中の筋肉をすべて動かせるという。


エクササイズは全部で12種類。
各運動の合間に10秒のインターバルをとっていてます。
よって実際にやってみるとわかりますが、トータル8分10秒になります。

1,ジャンピング・ジャックス(30秒)
・インターバル(10秒)
2,透明椅子(30秒)
・インターバル(10秒)
3,腕立て伏せ15回(30秒)
・インターバル(10秒)
4,Abdominal Crunch15回(30秒)
・インターバル(10秒)
5,椅子を使った昇降台15回(30秒)
・インターバル(10秒)
6,スクワット15回(30秒)
・インターバル(10秒)
7,Triceps Dip On Chair15回(30秒)
・インターバル(10秒)
8,肘立ての状態を保つ(30秒)
・インターバル(10秒)
9,走る姿勢で膝を高く挙げる38回(30秒)
・インターバル(10秒)
10,Lunge15回(30秒)
・インターバル(10秒)
11,Puch-Up And Rotation15回(30秒)
・インターバル(10秒)
12,Side Plank方腕15秒づつ(30秒)

一見多く見えて大変そうに感じるかもしれませんが、無理なくこなせるペースで全身の筋肉を使うことが出来てお薦めです。

ちなみに、初めの 7-MINITE WORKOUT の解説動画は9分4秒のアニメ解説ですが、真面目過ぎて少し面白みに欠けるかもしれません。

どうせならということで、以下の動画を見つけましたので紹介します。
The Scientific 7 Minute Workout Video - Bodyweight Only Total Body Workout という、内容が同じ動画なのでオススメです。

特に男性の方は、こちらの動画を見ながらエクササイズする方が励みになるかもしれませんね(笑)



二つ目の方法は、朝食には緑の野菜を採ること。
ミキサーを利用すれば、沢山の野菜を手早く身体に取り入れることが出来そうです。


三つ目の方法は、その日に達成したい3項目を設定すること。
「今日はどんな日だった?」と、その日の終わりの会話を想像して、達成すべき目標の設定をするようにしましょう。


四つ目の方法は、カレンダーに必要な時間を書き込むこと。
必要な時間を33%上乗せすることが目標達成をより確実にするためのコツだそうです。


五つ目の方法は、昼食直後の15分間を再び集中力を高めるために使うこと。
コンピュータの無い部屋へ移動して、今日の仕事で何が残っているのか検討してみましょう。


あなたはこの記事を読んでみて、どのように感じたでしょうか?
なかなかスケジュール通りに物事が進まないものですが、これらのシンプルな方法を取り入れてみると良いかもしれませんね。


・合わせて読みたい → ビル・ゲイツ氏が2016年に選んだ5冊の必読書とは?

(文/ピッチピチあんてな編集部・ライジンガー



関連記事

| 仕事術 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT