PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

売れる営業マンが使っている2つの心理テクニックとは?

仕事をする上で必要不可欠な事のひとつとして営業が挙げられます。
会社員で営業職の方はもちろん、個人事業主の方や会社を経営されている方にも営業力は欠かせません。

akusyu-image

社会人なら身に付けておくとタメになる営業テクニックがあるのをご存知でしょうか?
今回は数ある営業テクニックの中からすぐに使える心理テクニックをご紹介します。


その前に営業について書いておきますね。そもそも営業とは何でしょうか。

例えば子供から「営業って何?」と聞かれた場合、説明しにくいと思いますので記載しておきます。

営業とは、営利を目的として業務を行うことをいう。

ここから転じて、ある特定の行為が営業と言い習わされている。また企業活動の集合体をさす言葉としても用いられる。

参照:ウィキペディア


このように営業とは営利、すなわち財産上の利益をはかることであり、簡単にいうとお金を儲けることを目的として行う仕事です。


そして営業は数字に表しやすい特性から、営業能力が高い人と、そうでない人の差が明確に表れます。

棒グラフなどで表しやすく、よくドラマなどで営業成績表が壁に張り出されていますね。


さて、社会人には必要不可欠ともいえる営業力を高めるテクニックは、当サイトでも以前記事にしたことがあります。

→  コミュ力が高くない人が営業成績トップクラス!?ネットで話題に!

→  電話営業は辛すぎる・・・社畜アイドルが社会の厳しさに撃沈!


そして、新たに頭の片隅に入れておくべき実用的な営業手法として、使える2つの心理テクニックがあるならば知りたくなるのが人の常というものです。

売れすぎて中毒になる 営業の心理学』によると営業に使える心理テクニックは次の2つです。

一つ目は、けなせば意固地になり、ほめれば謙遜したくなるという人間の心理を理解し、他社製品を徹底してほめることです。

・(あなた)「○○の製品をお使いですか。安心できて素晴らしい製品ですね」
   ↓
・(顧客)「それがそうでもなくて・・・」という流れになりやすい(顧客が不満を口にする)
   ↓
・(あなた)自社製品をアピールする(顧客の不満を解消)

そして、絶対にやってはいけないのが顧客が使っている製品をけなすこと。

ついしてしまいがちですが、顧客の否定につながるので自らのイメージが良くなることは絶対にないから注意が必要ですね。


二つ目は、アピールするタイミングを見極めてアピールすることです。

・自社製品の長所が高機能ならば、あえて他社の安い製品を紹介(自社製品のアピールと同効果がある)
   ↓
・「耐久性にこだわらなければ、他社にはもっとお安い製品があります」
   ↓
・『安い他社製品』より『高性能な自社製品』が顧客に強く印象づけられる

アピールばかりに終始せぬように注意しないと顧客から好感を持たれるどころか煙たがられてしまうので、意外とアピールするタイミングは難しいですね。

以上のふたつが営業に使える心理テクニックでした。普段から心がけていれば意外と簡単に実践できるのではないでしょうか。

論理的にも納得できるし使わない手はないですよね。早速実践してみましょう。


さらに詳しい説明は、こちらで確認ができます。

興味がある方はどうぞ。




関連記事

| 仕事術 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT