PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が映像初公開

ついに任天堂の新型ゲーム機の映像が発表されましたね。

任天堂の代表的なゲームと言えばファミリーコンピューター(ファミコン)が有名ですが、近年ですと『 Wii 』が発売されています。

任天堂のゲーム機の良いところは沢山ありますが、その一つに気心の知れた仲間どうしで、ワイワイと楽しく盛り上がれるところではないでしょうか。

game-waiwai

任天堂の新型ゲーム機とは、その名もニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)です。


なんでも分類上は、据え置き型ゲーム機らしいですが携帯型ゲーム機にもなり、みんなで楽しめるように一粒で二度美味しいという、任天堂のゲームコンセプトは素晴らしいですね。


この新しいコンセプトのゲーム機発表動画をワクワクしつつ拝見して、世界の3大ゲームメーカーである、任天堂とソニーとマイクロソフトが一貫して貫いてきた、ゲーム機に対するコンセプトの違いが理解できます。

「Nintendo Switch」と「PlayStation4」、そして「Xbox」。

それぞれのゲームに対する姿勢を考えると、「進むべくして進んだ道」という感じですね。


ニンテンドーSwitchは「コミュニティを楽しませるハード」で、プレイステーション4やXboxはVRも開発していることからも、「没入感を楽しむことができるハード」と言えるのではないでしょうか。

家の中でしか出来なかった事を外でも出来るようにした任天堂の『switch』と、外に出ないと出来なかった事を家の中でも出来るようにしたソニーやマイクロソフトの『VR』という、真逆とも言えるゲームに対するアプローチが面白いですね。


なんでも任天堂は、家族にゲームを敵視されないことを重要視しているとのこと。

例に例えると、ほとんどの方が知ってる任天堂据え置き型ゲーム機Wii(ウィー)のコンセプトは「お母さんに嫌われない」を掲げているらしいですね。

一方のソニー据え置き型ゲーム機であるPS4は筆者もゲーム好きで持っていますが、とことん映像重視で没入感が半端なく凄いですね。

プレイするときは、のめり込み過ぎないように注意が必要な程です。


たくさんの世界中の人々が遊んでいてゲームファンを魅了する日本を代表する2大ゲーム機発売会社である任天堂とソニー、そしてアメリカを代表するマイクロソフトには、これからもみんなが笑顔になる娯楽エンターテイメントを牽引していってほしいです。

まだ価格など詳細は来年に発表らしいですが、あとはソフトのラインナップが気になるところですね。

あとはゲーム機躯体の丈夫さやジョイント部分の壊れにくさなども気になるところです。

わたし達をワクワクさせてくれてありがとう。


・合わせて読みたい → プレイステーション発売20周年は任天堂のおかげ?

(文/ピッチピチあんてな編集部・ライジンガー



関連記事

| ゲーム | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT