PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

成功者の仕事術に学ぶ上手な時間の使い方

仕事術と時間管理の関係は切り離せない密接なな関係がありますよね。

サラリーマンでも自営業主でも社長でも時間を有効に使って効率よく物事を上手に進めたいものです。

そんなあなたに興味あるとても役に立つ仕事術をご紹介したいと思います。

sigotojyutu


異常に上手い…成功者がやってる「時間の使い方」-NAVERまとめ

逆算して予定表を書いてるんだって「会社を出る時刻」から逆算して決めていくらしい。

生産的な人たちは、すべての予定を「予定表」に書き込む。

そして、それに従って行動している。

1日の活動時間を「就業時間」「会食」「帰宅後のひとりの時間」と3つに分け、それぞれ効率良く集中できるよう考えている。

自分で「会社を出る時刻」を決めた瞬間に、時間の使い方を工夫するようになる。

効率的に働けます。



世間一般的に成功者と言われる人たちは1日の24時間を有効に使い分けていることがわかります。

その使い方をまとめてみると

・集中力を保つために学校の時間割みたいに時間を区切ると効果がある

・一時間刻みよりも15分刻みで仕事に打ち込んだほうが集中力が増して効率アップする

・成功者と言われる人は断り上手で重要でも急ぎでないことは断る

・仕事が手一杯のときは【今】集中する仕事以外はいったん保留にするか捨てる

・重要でない仕事は完成度を落とし早く完成することを心がける

・休憩時間は終了時間を決める

・午前中は頭を使う仕事に使い午後はルーチンワークな仕事に使う

・まだ体や頭が疲れていない火曜日や水曜日に大事で難解な仕事に取り組む

・頭の中だけでなく紙に書きだし重要で緊急性のある仕事を確認する

・緊急性が有り重要性はあまりない仕事は他の人に任せられる

・毎日○分間の時間がかかる仕事があったら他の人ができるようにするトレーニング時間をその30倍の時間をとる

・社外の人脈づくりに飲みに行くなら比較的空いている水曜日がオススメ

・安い店に同僚と行くより高い店に一人で行くほうが人脈が拡がる

・就寝時間を予定に取り入れしっかり眠る


どうですか皆さん、とてもタメになる言葉の数々。

今日から取り入れられそうな感じがしませんか?

意識していれば意外と簡単に実行できそうですよね。

やっぱり一日の時間は誰でも同じ24時間なのでいかに有効に、大事な案件に時間を振り分けることができるかにかかっているみたいですね。

あと意外と見落としがちなのが睡眠時間の確保。

どんなに忙しくても睡眠時間をしっかりとることが大切だと再確認しました。

言われてみればそうですよね。

どんなに仕事が立て込んでても睡眠不足で効率ダウンしては元も子もないですから。

これらを取り入ればあなたの仕事術アップは間違いないでしょう。




関連記事

| 仕事術 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT